時には様子見

漢方薬の根っこ

勃起不全(ED)に悩む人は多いですが、近年では薬を飲む事で改善させる事が可能です。
勃起不全薬についてですが、いくつか種類が存在していてその効き方や期間などが違うものです。
やはり薬を飲む上で心配になるのが副作用です。
こういった類の薬の副作用として注意が必要なのは血圧です。
降圧作用があるので、高血圧の薬を飲んでいる人などは血圧が下がりすぎてしまう等があるので医師等に相談が必要です。
他にも、顔にほてりを感じてしまう人や、鼻づまりや頭痛などを感じる人もいたりするのです。
しかし、これらの副作用は薬の効き目が無くなれば同時に無くなるものですし、重篤なものではないです。
その薬にはどの様な副作用の可能性があるのかなどをキチンと把握した上で利用する事が大切です。

勃起不全薬には大きく分けて3つの種類が存在しており、特徴も違うものです。
まず世界で初めてのED治療薬が「バイアグラ」です。
性行為の1時間前の出来るだけ食事前に服用し、作用時間は3時間ほどです。
2つ目は「レビトラ」という薬ですバイアグラの欠点でる即効性に欠ける点や、空腹時でなくても効果が出ると言うのが特徴です。
バイアグラで効果が出なかった人などにも効果が期待出来る薬で、作用時間は4時間ほどです。
最後3つ目が「シアリス」です。
シアリスは他の薬と違って作用時間がとても長く24時間から36時間も効果が期待出来る薬です。
なので、ウイークエンドピルなどとも呼ばれていて人気です。
これも食事の影響を受けないのでいつでも服用可能です。